読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3匹のブタ 人とブタが仲良く暮らす3つの話

 

【その1】

この農場では、ブタが飼育されています。

お母さんブタは顔を横に向けることもできないほど狭い檻の中に閉じ込められ、赤ちゃんを産むだけの生活を余儀なくされています。

赤ちゃんが生まれても、6か月たつと次の赤ちゃんを産むように仕向けられてしまい、生まれた子ブタも生後6か月のまま食肉処理場へ運ばれてしまうのです。

お母さんブタはこのサイクルを強制的にくり返させられ、最終的にやつれて子供が産めない体になるまで狭い檻から出ることができません。

f:id:georgekato:20170329231745j:plain

 

動物愛護団体「Direct Action Everywhere」がこの農場を訪れたとき、お母さんブタが赤ちゃんを産みながらもまったく育児をすることができないという状況を目にしました。

「怖ろしい光景だった」とそのときについて語っています。

農家を説得し、なんとかそのうちの一匹の赤ちゃんを保護することに成功。

いまは保護施設ですくすくと育ち、「マディソン」という名前が付けらられ、ほかのブタたちと一緒に暮らしています。

f:id:georgekato:20170329231800j:plain

 

この動物愛護団体は、スーパーマーケットなど大手の小売業者に対して、動物への虐待行為を行っている酪農家との取引をしないよううったえるキャンペーンを行っています。

f:id:georgekato:20170329231811j:plain

They Saw This Baby Pig And Knew They Had To Save Her Life

 

【その2】

あるときクルマに乗っていた人が、前を走るトラックから何か白いものが落ちてきたのを見て、クルマをとめました。

その白いものはなんと子ブタでした。

おそらく前を走っていったトラックは食肉処理場へ家畜を運んでいる途中だったと思われます。

心優しいクルマの運転手はその子ブタを拾い、動物救護施設に届けました。

f:id:georgekato:20170329231530j:plain

 

猛スピードで走っているトラックから落ちてきたために、子ブタは大けがをしていました。

症状はかなり重く、救助された日の夜には生死をさまよったようです。

しかし幸運にも生き延び、けがからも回復し、どんどん大きくなりました。

ケガのためにあごが少し曲がっていたり、傷あとが残ったりしていますが、今は保護施設で元気に暮らしています。

この施設を訪問する子供たちとも仲良く遊んだり、いっしょに暮らすブタの友達もできて幸せな生活を送っているのです。

f:id:georgekato:20170329231511j:plain

 

施設の担当者は「きっと食肉処理場に行くのを嫌がってトラックから飛び降りたのかもしれませんね」と冗談めかしていっています。

しかし同時に「このブタだけが特別なわけではありません。それなのに同じトラックに乗っていたブタたちは、目的地に着いてもこのように可愛がられることはなかったのです」とも述べています。

f:id:georgekato:20170329231555j:plain

Baby Pig Is So Scared On Way To Slaughter She Decides To Save Herself

 

【その3】

迷いイヌや迷いネコというのはいますが、「迷いブタ」というのは聞いたことがありません。

しかし、アメリカのジョージア州の自動車道で、ブタが一匹で歩いているところが発見されました。

地元自治体へ届けられましたが、前例のないことのであるためどうしていいか分からず、当然ながら「飼い主募集中」のリストにも加えられないままでした。

f:id:georgekato:20170329231651j:plain

 

しかし幸運なことに、地元ですでにブタを1頭飼っている家があり、そのブタと友達になれる新しいブタを探している人がいたのです。

このすでに飼育されていたブタ「シャーロット」も拾われて育てられたブタでした。

シャーロットは一匹で生活しているためにストレスを感じ始め、自分からまわりのものに体をぶつけて壊したりする乱暴な行動を見せていました。

そこで仲間と一緒に暮らせるよう、もう一匹ブタを飼うことを検討していたのです。

 

しかし保護されていた「迷いブタ」はシャーロットの2倍ほどの大きさだと知らされたため、最初は前向きには考えることができませんでした。

そのうち、今度はヤギが保護されて同じ自治体の保護施設に収容されることになり、ブタをこれ以上置いておくことができない、という連絡がありました。

保護施設のスペースが限られているため、もし引き取り手がいない場合、動物たちは順々に「安楽死」させられてしまうことになります。

 

そこでとにかくこの迷いブタに会いに行こうということになりました。

実際に見てみると思ったほど大きくなく、とてもかわいかったのでこの家族が引き取ることになったのです。

f:id:georgekato:20170329231711j:plain

 

いまはまだシャーロットとフェンス越しにしか対面していません。

2頭が仲良く友達になるのはまだ先のようです。

シャーロット自身がほかのブタと一緒に育ってこなかったため、なかなか警戒心が解けないようです。

しかし今まで「迷いブタ」に過ぎなかったこのブタも、今は小屋の中でゆっくり暮らしています。

f:id:georgekato:20170329231726j:plain

Pig Found On City Streets Is About To Make His First Real Friend