読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亡くなった飼い主から新しい里親へ 猫の今後を託した手紙

f:id:georgekato:20150805004344j:plain

 

ある飼い猫が、アメリカの動物シェルターに預けられました。

そしてこの猫といっしょに、元の飼い主からの心温まる手紙がゆだねられていました。

 

猫の名前は「スージー」、年齢は4歳半。

元の飼い主は、スージーとの楽しかった時間をその手紙に詳しくつづっています。

 

その手紙によると、スージーはとても怖がりのため、家から一歩も外に出ようとしない猫でした。

飼い主が一緒にいれば外を歩くように思われましたが、飼い主はそれが出来ませんでした。

 

外出できなかったのは、飼い主の健康上の理由でした。

この飼い主さんはすでに亡くなっています。

 

スージーはこの飼い主の息子によって、動物里親センターに預けられました。


以下、亡くなった飼い主が新しい里親に託した手紙です。

 

******************************

 

私の友達スージーの里親になってくれてありがとうございます。


スージーはごみ箱に捨てられていた3匹の猫のうちの1匹でした。

この猫は、2010年11月15日ごろに生まれたはずです。

 

2010年12月1日、スージーは私の家に住むことになりました。

スージーの家がここであることを分かってくれるまで、私はスージーを室内で飼っていました。


その後、屋外に出してあげたのですが、4日間いなくなってしまったのです。

もうスージーに会えないだろうと思いました。

4日目の夜、とても大きい雷がありました。雨は降りませんでしたが、大きな音でした。

次の朝、私はまたスージーを呼びに外に出ましたが、スージーに会えるとは思っていませんでした。

しかしスージーは走って帰ってきたのです。

私たちは一緒に家の中に入り、それ以来、私が連れ出さない限り二度と外出をしません。

こうしてスージーは家猫になったのです。


スージーは人でも物でも、なんでも怖がってしまう猫です。

私が友達であることを分かってもらうのに6~8か月もかかりました。

私はスージーを外に出してみようとずっと試みてきましたが、私が一緒にいないと外に出ません。

私が一緒に散歩に行くことが出来れば、スージーも外出するようになったかもしれません。

しかし私の健康状態が不安定だったため、外出できなかったのです。


スージーは玄関までは私と一緒に出てくれました。

でも玄関の隣にある庭に沿って歩くのが、スージーが一人でできる外出の限界でした。

もし私が散歩に行ければ、スージーもきっと一緒についてきてくれたと思います。


スージーがうちの犬と仲良くなれたらよかったのに、と思います。

ケンカはしませんでしたが、スージーはいつも犬とは距離を置いていました。

2匹が一緒にいても、私は心配することはありませんでした。


スージーは普通の猫ではありませんが、私は一緒にいてとても楽しかったです。

私にすり寄るのが大好きでしたが、好き嫌いもはっきりしていました。

かわいがられるのが大好きな猫でした。

私のベッドの上で過ごすのが大好きでしたが、それでも私がどこにいるかわかっていたようでした。


私がスージーと楽しく過ごしたように、あなたもスージーと楽しんでくれることを望んでいます。

 

www.independent.co.uk