ライオン

今度はセシルの子供が犠牲に 今でも続くトロフィーハンティング

// ジンバブエでライオンの「セシル」が殺害されたのが 2015年7月1日。 2年後の2017年7月、今度はセシルの子供がハンターに殺害されました。 (殺害されたザンダ) 6歳のライオン「ザンダ」は7月7日、ジンバブエ北部にあるワンゲ国立公園付近でハンターに射…

ゾウ、サイ、ライオン・・・ 2016年「ワシントン条約締約国会議」で議論された絶滅危惧種たち

9月24日から10月5日まで、南アフリカのヨハネスブルクで「ワシントン条約締約国会議」が開催され、絶滅の危機に瀕している動物たちについて新たな対策が採択されました。 議論された動物の一つは前回このブログでもご紹介した「センザンコウ」で、今回の会議…

「カンド・ハンティング」という残酷なゲームの実態

ケビン・リチャードソンさんは、南アフリカの野生保護地域の中に自分自身の保護地区を立ち上げ、ライオンたちの保護に尽力している男性です。 驚かされるのは、ケビンさんがライオンたちと文字通り「一緒にいる」ということです。 ケビンさんは決してライオ…

アルメニアの「世界で最も悲しい動物園」からライオン親子が救出される

数年前、アルメニアの大金持ちがジャングルを模したテーマパークを作り、そこで野生動物のパレードをすることを計画。実際に動物が集められ、動物園が開園されました。 しかしその後このオーナーは突然姿を消してしまい、動物たちだけが残されてしまいました…

アメリカ政府 ライオン保護のため法規制を強化へ

アメリカ政府は、ライオンのセシル殺害によって注目を浴びたいわゆる「トロフィー・ハンティング」からライオンたちを守るよう、法整備を強化することになりました。 アフリカのハンティングで殺害したライオンの頭部や脚、毛皮などを「トロフィー」としてア…

ライオンもサーカスから救われる 南米ペルー

先日、長年インドのサーカスで苦しんできたゾウが動物愛護団体に保護された、というニュースを紹介しました。 animallover.hatenablog.com 今回は南米ペルーで、はやり長らくサーカスで酷使されてきた33頭のライオンが飛行機でアフリカへ戻され、祖先が育っ…

心無い殺害の対象になった「ライオンのセシル」について

// 2015年7月1日、アフリカのジンバブエにある国立公園で、ライオンの「セシル」が殺害されました。 【みんなに愛されたライオンのセシル】 セシルはこの公園で最も有名なライオンで、観光客の注目の的でした。 年齢は13歳で、訪れる観光客に対して親しげな…